納得してから始めましょう|たるみの治療で綺麗な肌を再現|迷うより試してみるべき

たるみの治療で綺麗な肌を再現|迷うより試してみるべき

納得してから始めましょう

ウーマン

クリニックの受診

ほうれい線が深くなると、どうしても見た目の年齢は実年齢より老けて見えてしまいます。ほうれい線が深くなる原因は、筋肉の老化やコラーゲンの減少、また骨格や筋肉のつき方などでしわが寄ることなどがあります。自宅でのケアは顔の筋肉を動かすなどがありますが、やはりホームケアには限界があります。専門のクリニックでは、ヒアルロン酸注射や高周波治療、また日帰り手術などの治療を受けることが出来ます。どの治療法にも、当然メリットとデメリットがありますので、まずは信頼できる医師やクリニックを探し、しっかりと説明を聞くことが大切です。治療方法やメリット・デメリット、また料金など、全てに納得した上で治療を受けるようにしましょう。

メリットとデメリット

まず初めに、ヒアルロン酸注射のメリットですが、ヒアルロン酸注射は効果の即効性が高いこと、費用が安いことが挙げられます。ただし、効果は永久的に続くわけではなく、半年から8ヶ月に1回の頻度で治療を続けなければなりません。また、ヒアルロン酸注入でも絶対失敗しないという保証はありません。技術力の高い医師を探すことが大切です。次に高周波治療のメリットです。高周波治療はコラーゲンが再生成される治療法ですから、ほうれい線のみならずハリツヤなど肌全体への効果が期待できます。ただし、即効性は低く、徐々に効果が出てくるため、即効性を求めている人にはあまり向いていません。最後に日帰り手術については、切開する方法としない方法があります。切開する場合には効果は長く続きますが、それなりの費用が掛かりますし、やり直しがきかないというデメリットがあります。もちろん、切開しない場合には効果の持続は長くなく2年に1度治療を行わなければなりません。気になるほうれい線を薄くするには、まずは信頼できる医師に相談することから始めてみてください。